日本の調味料の代表的なものに醤油があります

料理や其れに使用する調味料はといわれて、其の代表的なものに「醤油」があります。 日本では最も馴染み深くて何処のご家庭にも普通においてあり、料理用として勿論、付け味としてもテーブルなどにも常に置いてあります。

醤油は一般的には大豆と小麦などを原料にして、麹や食塩と丁寧な水を加えて仕込んで作られるものです。 元々は味噌を作るときに発生してくる溜まり汁から偶然に作られたともいわれ、当初は溜まり醤油などとも言われて、今でも名古屋あたりを中心にその名の醤油もあるようです。

調味料は醤油が代表ですが、使用する料理としては醤油の煮付け料理は何にでも使用できるし、特に、和食料理やお蕎麦やウドンの出し汁には醤油は欠かせません。 特に日本人に好まれるのは新鮮な煮魚の料理で、この味付けの調味料は醤油を主体として砂糖で甘味をつけて、更に、深みのある味付けに味りんなどを食えると、絶品の単品の煮魚料理が出来上がります。

一般に煮魚料理は白身の魚が適していてメバルやカレイなどの白身の魚が適していますし、尾頭つきでお皿に乗る大きさがいいですね。 因みに、青魚といわれるサンマ、イワシ、ブリ、アジなどの油の濃い魚は、焼いたほうが美味しくいただけるでしょう。