豚の生姜焼きは使う調味料で味が変わる

豚の生姜焼きに使う調味料は、チューブの生姜でもまったく問題ないです。本来なら生の生姜を擦って入れた方がおいしいのかもしれませんが、それだと一手間増えてしまいます。ですので、チューブの生姜を使って味付けすれば、とても簡単に豚の生姜焼きができます。

また、生姜や塩コショウにしょうゆの味付けだけだけでは、どうしてもピリッとし過ぎてしまいます。そんなピリッとした味付けが好みの人ならそれでも良いのかもしれませんが、もう少しマイルドにしたいなら調味料は変えなければいけません。具体的には、みりんやお酒などです。

みりんやお酒などの調味料は、豚の生姜焼きの味をマイルドに変えてくれます。また、食感もどちらかといえば柔らかくなりやすいので、子どもでも食べやすくなります。みりんやお酒などの調味料はだいたい大さじ1杯入れるだけでもだいぶ違いますので、塩コショウやしょうゆだけの味付けに不満が残るようなら、みりんやお酒などを入れてみるのがおすすめです。