お酢が持つ効果とは?

高い健康効果を持つお酢

お酢というと料理に用いるイメージが強いですが、高い健康効果を誇っていることから料理以外にも使われることが最近増えています。
人によっては、万能調味料のお酢の健康効果を使って夏バテ予防に用いる人もいるほどです。
お酢が苦手な人にもオススメする合わせ酢もあるので、健康のためにも積極的にお酢を摂って欲しいです。この合わせ酢は通販からの購入が可能です。

お酢で健康を考える

具体的に、お酢が持つ健康効果とは何なのか詳しく調べました。
お酢は高血圧、疲労回復効果、防腐と殺菌効果(夏場では食中毒対策に有効)、カルシウムやビタミンCの吸収率を向上させる、便秘の解消、胃液の分泌を促進して食欲不振を解消・食後の消化不良防止…などたくさんの効能があることが分かりました。

美肌効果や夏バテの予防、デトックス効果もあるので痩せたい人にはお酢を取り入れた料理(例:酢豚、冷やし中華など)を食べると良いかもしれません。
お酢が持つデトックス効果によって腸内が刺激されて体内に蓄積された老廃物が外に出ていき、痩せると同時に美肌になることも期待できます。
高血圧の緩和にも持ってこいで、毎日大さじ1~2杯を飲んでいたら血圧が下がったという話もあります。

お酢料理に合わせ酢で簡単

お酢は、合わせ酢として取り込むのももちろんOKです。
組み合わせはさまざまで美容ドリンク代わりに飲む人もいます。
しかしここで気をつけてほしいのがもともと胃弱な人には体に負担に掛かりかねないので飲み方を少し工夫することをおすすめします。

お酢の飲み方ですが、1日あたり大さじ1~2杯の少量を目安にしましょう。
ラベルに記載されている希釈倍率以上に薄めてから摂取してください。
砂糖や糖類が含まれているお酢は通常のお酢よりも飲みやすくてついつい飲みすぎることもありますが過剰摂取は毒なので飲みすぎに気をつけましょう。

飲むときはお腹が空いているときは避けてご飯を食べている最中か食べ終わってからがベストです。
お酢を摂取し終わったあとは飲んだ直後ではなく、40分程度置いてから歯磨きや口をゆすぐようにしましょう。