おでんで体を温めよう

おでんは家庭の個性がでる料理

冬になると活躍するのが鍋料理。そんな鍋料理の中でもおでんは冬には欠かせない料理のひとつかと思います。鍋料理のおでんの作り方は家庭によってそれぞれの野菜や練り物の旨味がでただしはすごくおいしいです。だしも含めたおでんはひとつの料理です。

おでんに入れる具材は、大根、こんにゃく、もち巾着、練り物、たまご、が定番ですが、中には面白い具材を入れる家庭もあるみたいです。うちではフランクフルトや、ロールキャベツを入れることがあります、じゃがいもや里芋をいれる家庭も多いようです。おでんひとつで家庭それぞれの個性がみえてくるのもおもいしろいですね。おでんなど鍋料理は通販のだしで食べるのがおいしいです。

旬の食材のもつ役割

そんな冬の定番のおでんですが、その中でも特に冬野菜には冬には食べておきたい理由があるのです。それは、身体を温める効果があるのです。その季節において旬の野菜というのはその季節に合った効果があります。春が旬の食べ物は山菜が集中していますが、冬に身体にため込んだ老廃物を出す効果があります。なので苦味の強い食べ物が多いようです。また、夏が旬の夏野菜の多くは身体から熱を逃がす効果の物が多いです。秋の食べ物は夏にたまった疲労を取り出すものと、冬に備えるための食べ物が多いです。なので甘味の強いものが多くあります。そして冬が旬の食べ物は先ほども述べましたが、身体を温める効果があるのです。

旬の物を旬に食べるのがやはり一番良いですね。