調味料として「お酢」が見直されているようです

調味料として日本では代表的なものに醤油や味噌がありますが、同じ醸造調味料として「お酢」というのが有ります。 個人的にも子供のころから酢や酢の物がすきで、今でも美味しいラーメンとされているものでも、お酢を使い尚且つ、同時にラー油をかけて食べている状態です。もっともでお酢は中国では代表的な調味料の一つで、歴史的にもお酢は中国が発祥で何千年という歴史もあるとされています。 其のお酢の効用というのは単なる調味料の他にも健康効果が有るととして、今ではお酢に関したサプリとしても利用されているほどです。例えば黒酢ニンニクとかいうものがあり、サプリとしてテレビのCMなどでも放送されているように、人気もあり売上も伸ばしているようです。中国では其の黒酢を調味料として主として使われていますが、国内では黒酢もそうですが其の代わりにお酢の「合わせ酢」のような状態にして、元のお酢を更に、砂糖や味りんなどでほろ酔い味を創作して調味料として使っているというのが実情のようです。其の代表がお寿司というもので、今では寿司は回転寿司が大流行ですが、このシャリの酢加減というのはお店によってマチマチで、独特の合わせ酢を作っておいてお店の隠れたメニュウとしてお客さんに提供していると聞いています。このお寿司の影響でお酢が見直され、今では日本人の日常の食卓に意識的に取り入れているともされているのです。此のお酢は又、健康や体にいいともされてサプリとしても見直され、更に、其の独特の「酸っぱさ」にもあって食欲増進や疲労回復、更にはダイエット効果などにも良いと見直されているとされているのです。