だしの美味しさはどんな人にも喜ばれます

福岡は久原本家が販売している茅乃舎だし。だしを販売している店はたくさんありますが、これはこだわりのだしとしてだけでなく、いざという時の贈答品にまでできるという意味でも価値のある、とてもいい商品です。材料とされているのが国産真昆布、鰹節、うるめいわし、焼きあご、少量の海塩と醤油。だしの味はこうしたいくつもの素材でできているため深みがあります。焼きあごというのは焼いたトビウオのこと。九州地方の伝統のだしのことですが、馴染みがなかっただけに一度食べてからその美味しさにはまって久しくあります。袋のままで放り込んで3分ほど煮だしただけで「いいお味」が出るという気楽さだけでなく、袋をそのまま破いてしまい中身を「だし」として、もしくは「トッピング」としてそのまま食べてしまう方法もとれます。そしてなにより徹底して天然素材にこだわっているこのだしはちょっとした贈答品としても使えるというのがポイント。だしが必要でないご家庭はなかなかありません。日持ちもしますから大概どんな場合でも喜ばれます。